ネスプレッソとドルチェグストを使ってみた感想

ネスプレッソとドルチェグストの両方を入手しました。

「ネスプレッソ イニッシア C40RE」

「ドルチェグスト サーコロ チタニウム」

の2機種です。

使ってみて思ったことは
「この2機種は比較するものではない」
ということです。

ネスプレッソは「エスプレッソ専用機」で、ドルチェグストは「ドリンク複合機」といったところでしょうか。
商品のコンセプトが全く違いました。

僕はネスプレッソでも普通のコーヒーが飲めると思って買ってしまい、エスプレッソしか飲めないことを知ったときは焦りましたね(笑)

その次に、ちゃんと下調べをしてドルチェグストを購入しました。

ネスプレッソの感想

エスプレッソ好きの人で、かなり味にこだわりを持っている人向けの商品ですね。
カプセルもスーパーやドラッグストアでは売っていないので、通販で購入することになります。

カプセルは

・バランス重視のカプセル
・苦味が強い味のカプセル
・酸味が強い味のカプセル
・フレーバーがするカプセル
・ノンカフェインのカプセル
・ルンゴのカプセル

同じエスプレッソでも、味の違うカプセルが様々です。
素人からすると、種類がありすぎてカプセルを選びにくい印象。
適当に5本購入してみました。

僕はエスプレッソ自体が初体験。
エスプレッソ(40ml)は味の濃さが強烈なので、飲みなれる必要がありそうですね。
僕には少し薄めのルンゴ(110ml)が合っていました。
飲みなれていないので、ルンゴでさえ濃く感じるというのが正直な感想ですが・・・。

初心者でも、ネスプレッソが香りが豊かで、味わい深いというのはわかりました。

本体の使い勝手は良好。
ポーションを入れてボタンを押すだけ。
パーツも少ないので、手入れも簡単でした。

ドルチェグストの感想

コーヒー、エスプレッソ、カフェオレ、チョコチーノ、抹茶ラテ、その他いろいろが作れる商品です。
味はコーヒーだと「ブレンド・モカ・リッチ」、エスプレッソは「普通・濃いめ」から選ぶような感じですね。

細かい味を選べるわけではありませんが、万人向けのバランスのよい味がラインナップされています。

使い勝手はネスプレッソ同様に良好。
ポーション入れて、抽出量を選び、ボタンを押します。

ドルチェグストの機種によっては、オートストップ機能の有無の違いがあります。
値段は若干上がりますが、オートストップ有りのほうが便利です。
自分で量を調節する必要も無いですし、毎回安定した味になりますから。

コーヒー初心者が両方の機種を買う場合

僕のようなコーヒー初心者が買う場合は

「ドルチェグスト」

  ↓

「ネスプレッソ」

の順番がオススメです。

まずドルチェグストを購入して、コーヒーやエスプレッソなどのいろいろな味を楽しみます。
もしエスプレッソにハマってしまい、いろいろな味を飲んでみたくなった場合にネスプレッソを購入する流れです。

いきなりネスプレッソを買ってしまうと、エスプレッソ自体に馴染めなかった時にカプセルを買い続けるか悩むことになりますから。

その点、ドルチェグストはドリンクの種類も豊富でカプセルの入手もしやすいので、継続もしやすいです。


TWINBIRDデスクライトLE-H316Bを3台購入

僕が2015年12月に購入したLE-H316B。
当時3,000円でしたが、それでも安いと思っていました。
あれから約2年・・・今では980円(税別) で売られるようになってしまいました。
安すぎです(笑)

この商品は発売当初は1万円弱だった商品なので、今は90%OFF。
値段がとことん底値になったため、今回再度購入しました。
僕の場合はLE-H316Bを数年間使用していて使い勝手も把握していたため、3台も買い増してしまいました(笑)
それでも2,940円(税別)は驚異的な安さです。

この商品はLEDが1灯なので、スポット的な照明になりますね。
そのため、ノートや本を多数広げる勉強のような作業には向きません。
読書用には最適です。

僕がこの商品を使う用途は

・布団の枕元に設置して、就寝時の読書ライトとして

・パソコン横に設置して、手元を照らすライトとして

・テーブルで作業時の簡易ライトとして

元値が高い分作りもしっかりしているし、バッテリーでも使える。
明るさも十分で、調光も3段階可能。
それが980円(税別)で売っているので、もう買うしかありません(笑)
ちょうどLEDデスクスタンドを数台欲しいと思っていたので、タイミング的にもバッチリでした。

現在、エディオンオンラインショップでは在庫切れになっています。
※2017年11月8日13時現在

在庫が復活する可能性もあると思うので、興味がある方は時々カカクドットコムの商品ページをチェックしてみてください。
価格推移を見ると、2017年8月から1,000円前後で推移しているので、長い間特価で売られているようです。

価格ドットコム ツインバードLE-H316B

http://kakaku.com/item/K0000743926/

関連記事

TWINBIRD LE-H316B折りたたみスタンドライトZICTを購入
家の中で自由に持ち運びができるライトが欲しくて購入しました。 基本は机でACケーブルを接続して使っていますが、バッテリーで使えるため部屋を移...

2018年の手帳はフランクリン・プランナー・オーガナイザーA5サイズ

僕が使う手帳の種類は、なかなか安定しません。

●2015年
フランクリン・プランナー・オーガナイザーA5サイズ & B6サイズ

フランクリンオーガナイザーは、余計なページが多すぎて嫌。

●2016年

ほぼ日手帳 A5サイズ

やっぱりA5は重い気がした。

●2017年

ほぼ日手帳 A6サイズ

A6サイズは小さいので、手帳を見返すことが減った。

●2018年

2018年度の手帳は

「フランクリン・プランナー・オーガナイザーA5サイズ」
を使うことにしました。

2015年で挫折した手帳に戻っている・・・?!
と思われる方もいると思いますが、手帳が2018年版から大幅にリニューアルれたんです。

僕が余計だと思っていた説明ページが“分冊”されたことが大きな利点ですね。

B6サイズでもよかったのですが、僕が持っている革製手帳カバーがA5サイズというのもあり、今回はA5サイズにしました。
2018年は書き込みやすさと、見返しやすさを重視です。

別冊は手帳本体よりも小さく作られています。
そのため、手帳の後ろに入れることも可能です。

別冊を挟んで閉じたところです。
後ろに挟むにはちょうどいいサイズになっています。

“週間コンパス”といわれる項目も一週間の始まりのページに配置されました。

手帳にしっかりとタスクリストが配置されていたほうが目標がブレなくていいですね。
ほぼ日手帳は自由度が高いので、しっかりと使い方を意識する必要があるので・・・。

2015年版フランクリン・プランナー・オーガナイザーB6サイズとの比較です。
2015年版と比較すると、上部のタスク欄が2列から3列に増えていますね。

上が2015年版。
真ん中が2018年版。
一番下が2018年版の別冊です。

2015年版は分厚すぎです。
2018年版は無駄な部分を削ぎ落として、より実用的にリニューアルされたのではないでしょうか。

僕にとって年末恒例になっている手帳選びが、今回を最後に終わりを迎えるといいのですが・・・。

フランクリン・プランナー・オーガナイザーにA5サイズの重さ

手帳本体と標準カバーの重さは469g。
ちなみに一番安い価格のPVCカバーです。

別冊はちょうど100g。

手帳+PVCカバー+別冊の合計は569g。

フランクリン・プランナー・オーガナイザーにA6サイズが登場

2018年版からA6サイズもラインナップに加わりました。
ほぼ日手帳A6サイズを愛用している人も乗り換えやすくなったと思います。

ほぼ日手帳用のカバーにこの手帳を挟んで使用するのもいいかも・・・
なんて考えましたが、僕にとってはA6では小さすぎるので今回は候補から外しました。

関連記事

フランクリン・プランナー・オーガナイザー手帳のA5とB6サイズの比較
フランクリン・プランナー・オーガナイザーにはA5とB6の大きさがあり、どちらを選べば良いのか悩む人も多いはず。 A4サイズ(2014...
Business Leather Factoryほぼ日手帳カバーにフランクリン・プランナー・オーガナイザーを入れてみた
Business Leather Factoryほぼ日手帳カバーに、フランクリン・プランナー・オーガナイザー(A5サイズ)が入るか試して...

株式会社オーム電機に修理依頼をかけてみた

数ヶ月前にAmazonで購入したオーム電機の商品に不具合が発生しました。
株式会社オーム電機に修理依頼をかてみた記録を書いておきます。

【10月16日(月)】

お客様相談室にTEL。
状況を説明し、商品の発送方法を教えてもらいました。
保証期間内なので着払い可能とのお話。

2500円くらいの安い商品だったのに、着払いで対応・・・
逆に申し訳ない気持ちになります(笑)

【10月21日(土)】

商品の電池交換をしても不具合が改善しなかったため、発送手配。
10月23日(月)をお届け予定日に設定。

【10月26日(木)】

修理された商品が自宅に届きました。

修理対応は早い印象です。
オンラインショップは安いけど、故障のトラブル時は面倒ですね。


7月下旬の猛暑で室温34度!冷風扇を使ってみた

ジュニーの部屋はエアコンが無いため、とっても暑い。
7月下旬の室温は34度弱!
外の風も熱風です。

そんな状態で、先日購入した冷風扇を使ってみました。

※この記事は数か月遅れて秋に書いています(笑)

扇風機よりも若干涼しい

扇風機と比較すると、体感的に気持ち冷たく感じますね。
ほんと若干ですけど(笑)

打ち水効果というのでしょうか。
それは少し感じられました。

湿度はどうか

窓全開で使用したため、湿度に大きな変化は見られませんでした。
真夏の日中に窓を締め切って冷風扇だけで過ごしたら、熱中症になってしまいます(笑)

エアコンが無い部屋で冷風扇を使うときは、窓全開が基本ですね。

1時間後の温度

冷風扇を1時間“強”運転してみました。
湿度と温度、ともに変わりません。

【使用環境】
・夏場7月中旬
・晴天の日中
・窓を開けて使用

ジュニーは扇風機を冷風扇のどちらを使うか

・扇風機は風量が多く範囲も広い。

・冷風扇は風量はそこそこで範囲が狭い。扇風機よりも若干涼しい。

僕は迷わずに「扇風機」を選びます。

冷風扇は水を交換するのが手間ですし、水が入っているので移動したり向きを変える際に気を使います。
また、僕は冷風扇を連続して「強」で使用するので、どうしても稼働音が大きくなり気になります。

扇風機と効果があまり変わらないなら、あえて冷風扇を使うメリットは無いでしょう。
冷風扇に過度の期待は禁物です。


スポンサーリンク