「 購入商品 」一覧

SINGER 電動ミシンTradition II(SN-521)購入

ちょっとしたカバーを作りたくなり、電動ミシンを購入してしまいました。
どんなミシンでも良かったのですが、いざ買おうとなると色々調べて迷ってしまうものですね。

・電動ミシン
・電子ミシン
・コンピューターミシン
・ロックミシン
・職業ミシン
・工業ミシン
・刺繍ミシン

用途により様々。
一般家庭向けだと電動・電子・コンピューターが主。
服飾を仕事にしているような人は職業ミシンを選ぶようです。

僕が実売価格を調べた限り、
・電動ミシン:1万円強
・電子ミシン:~2万円
・コンピューターミシン:2万円~5万円

各ミシンの特徴としては
・電動:安い。低速が弱い
・電子:低速でもしっかり縫える
・コンピューター:複雑な縫い方ができる

調べていく程、どんどん高いミシンが欲しくなります。
僕も一時は

「今は何も作れないけど、将来的に複雑なものを作るかもしれない。奮発してコンピューターミシンで、尚且つハイパワーのミシンを買っておこうかな・・・」

そんな考えが湧いてきました。
でも、この気持をぐっと我慢して、自分に問いかけてみました。

「将来的に複雑なものを作るかも・・・“かも”って何時よ?」
「複雑な縫い方で、いったい何を作る予定?」
「直線縫いとジグザグ縫いだけで、ほとんど作れるのでは?」
「そもそも何も作れないお前が、何を求めてミシンを買うわけ?」

結論は・・・「電動ミシン」ということになりました(笑)
買ったのはこのミシン。

SINGER 電動ミシンTradition II(SN-521)です。
僕がこの電動ミシンを選んだ基準は

・重量が6kgあり、そこそこ重い
・消費電力が60Wなのでハイパワーのモーターを搭載している
・縫い目の長さを調整できる
・フットコントローラー
・Amazonの5年有料保証に加入できた

この点ですね。
電動は低速だと力が弱いと言われていますが、
「だったら高速で縫えばいいだけ」の話です。素人考えには(笑)

僕の用途では厚手縫うことなんてほとんどないので、気にしないことにしました。
ただ「ハイパワーのモーターなのかどうか」これだけは調べましたね。
もし厚手のものが縫いたくなっても、肝心のモーターが非力だとどうにもなりませんから。

実際にこのミシンを使ってみた感想は、縫うスピードも早いし、パワーもありガシガシと縫い進んでくれて快適です。
使っていて気持ちいいです。
あとは僕のミシンスキル向上のために、ひたすら縫うだけ。
この僕のスキルが一番問題なんですけどね(笑)

LEDライト搭載。ごく普通です。

上からの写真。

ミシンの手前のパーツは小物入れになっています。

返す縫いのレバーと、上糸調子の調整ダイヤル。

針目の長さで、縫いの長さを調整します。

模様を選べます。
基本は直線しか使わない気がします。

ジグザグ縫いは幅を細かく選べました。

ミシン裏のバーはプラスチック製です。

フットコントローラー。使い心地も悪くないです。

カバーは不織布。
基本的にミシンはセッティングしっぱなしなので、僕には不要ですが。

他に候補にあがった電動ミシン

●「トーヨー 電動ミシン(フットコントローラータイプ) レッド JY-1NR」

“メーカー10年保証”というのが購入する決めてになり、一度ヨドバシオンラインストアでポチりましたが、すぐにキャンセル(笑)

メーカーホームページに
「1年を経過した場合技術料無償、部品代、送料等は有償となります」
とありました・・・
低価格のミシンなので、送料とか部品代負担するよりも買ったほうが安上がりの可能性も考えられます。
その為キャンセルの流れになりました。

●JANOME 電動ミシン JN508DX

Amazonでレビュー数の多い商品でした。
レビューから扱いやすそうな印象を受けましたが、消費電力が45WでSN-521よりもパワーが劣るため候補から外しました。

●石田ミシン YSA-3500

ビックカメラでアウトレット商品として売られていました。
13,000円(税抜)程度で買えるコンピューターミシン。

本体が6kgで安定感もあり、65Wで消費電力も多くパワーもありそう。
ワイドテーブルとフットコントローラーも付属。
アウトレット商品とはいえメーカー1年保証も付いています。
かなりお買い得で狙い目!!

とても迷いましたが、僕は購入はしませんでした。
初めてのマイミシンということもあり、
「気軽にサクッと直線が縫えるシンプルミシン」
をコンセプトに選ぶことにしました。

コスパ的には最高だったんですけどね。
僕とのタイミングが合いませんでした。


一人用ミニコタツHEATEC MK-301購入

2016年も12月に入り、めっきり気温が下がってきましたね。
季節も冬本番といったところでしょうか。

この冬を乗り越えるために、
ひとり用コタツ
を購入してみました。

>>Amazon HEATEC ミニこたつ 【テーブル付き】 MK-302

縦・横・奥行が30cm程度しかないコンパクトなコタツです。
電力消費量も100wしか使わないので、電気代も1時間の使用で約2.5円と経済的!

インターネットの情報には、あまり暖かくないという情報もあり、実用レベルの暖かさなのか不安でした。
実際使ってみての感想は・・・

十分あたたかい

です。
一人用こたつを使うポイントとしては

 

・大きめの座布団の上にコタツを置く

・厚手の布団をかける

・空気が逃げないように、布団をかける

このポイントを抑えれば、あたたかくて快適。

最初は毛布をかけて使っていましたが、厚手の布団と比べると保温力が大きく劣りました。

僕のように“部屋が狭くて、物が多い”場合にはピッタリの商品です!

 

テーブルの作業性

テーブルの下に足が入らないため、体とテーブルに距離ができてしまいます。
ポジション的に長時間作業するのは無理でしょう。
僕の場合は15分作業するのが限度。
それ以降になると疲れて横になってしまいます(笑)


ほぼ日手帳オリジナル(A6)のカバーはクマー!

ほぼ日手帳オリジナル(A6)を購入しました。
カバーの柄は「望月計男さん作の“シロクマ”」!!

僕が熊のイラストが入った手帳を使うと、

男が使うには・・・
年齢的には・・・
仕事で使うには・・・

そんな事を言われそうですが、そんなの気にしません。

「僕が気に入ったから」

使う理由はこれだけで十分なのです(笑)

若干ベージュ掛かっています。
ナイロンの光沢もあり、見る角度によっては薄いシルバーにも見えます。

お気に入りの熊のイラストなので、手帳に愛着がわきそうです。


RICOH THETA SCを買ってみた!360度カメラ初体験

リコーの360度カメラ「THETA SC」のベージュを購入しました。

今後THETA Sの上位機種を発売する噂もありますが、僕にとっては初めての360度カメラということもあり、廉価版として発売されたばかりの「THETA SC」にしました。

購入するにあたり迷ったのは本体の色です。
THETA SCのカラーバリエーションは、どれも微妙なんですよね。
表面もプラスチックで安っぽい(笑)

僕の印象は、

ブルー・・・彩度が低く、落ち着きすぎ。悪くはない。
ベージュ・・・暗い印象で、見た目が安っぽく感じる。
ピンク・・・彩度が低く、くすんだピンク。
ホワイト・・・無難。

やっぱりホワイト無難だろうと思い注文したんですが、気が変わり一旦キャンセルして“ベージュ”を注文しなおしました。
我ながら優柔不断(笑)

ベージュを選んだその理由は

「ベージュのカメラは、撮影しているのが目立たない」

からなんです。

360度カメラは周りのすべてを撮影できてしまうため、なるべく撮影している事を悟られたくないものです。

ホワイトは存在感がありすぎて、撮影しているのがバレバレ。
しかし、ベージュは風景にカメラが馴染んで、撮影しているのがバレにくい印象があります。

それに気づいてからは、ステルスの特性が感じられるベージュが“最高の色”に思えてしまいました(笑)


セット内容はカメラ本体・ケース・ケーブル・説明書。

本体の表には大きなシャッターボタンが1個。

裏面には何もなし。

右側面には電源と、WI-FIボタン、カメラとビデオのモード切替ボタンがあります。
左側面には何もありません。

下には三脚用のネジ穴と、micro USBの端子があります。

THETA SC用に購入したストラップ

>>Amazon HAKUBA ハンドストラップ KA-60

本体と一緒に購入したのは、HAKUBAのストラップです。
三脚用の底ネジ穴に取り付けて使用します。

THETAは落としやすい形状なので、手にもって撮影する場合には必須アイテムですね。

ストラップも太目でしっかりしています。

金属も大き目で、しっかり固定さてます。

付属のmicro USBケーブルともギリギリ干渉しませんでした。

ストラップを取り付けたまま付属のケースに入れても、まったく問題無し。

使ってみた感想

静止画の画質には満足です!

この手のカメラの画質には期待していなかっので、
一瞬でくっきり綺麗な360度写真を撮影する事ができて感動しました!

ただ、動画にはもう少し頑張って欲しいというのが本音です。
360度カメラは進化の途上というのもありますし、THETA SCの3万円という価格を考えれば満足レベル。
今後発売の噂のあるTHETA Sの上位機種では、動画の画質も改善してくるのではないでしょうか。

また、シャッターの音量が選べるのは良いポイントです。
完全に消すことも可能でした。

アプリは「THETA S」を使う

iPhoneで利用するにあたり、最初に戸惑ったことが1つあります。
アプリが「THETA」と「THETA S」の2つあるんです。

最初にTHETAアプリを入れたんですが、何度やっても本体とカメラがWi-Fi接続出来ません。
これで30分ぐらい悪戦苦闘。
一度THETAアプリを削除して、再度ダウンロードしてみようとした時にTHETA Sアプリを発見。
THETA Sアプリを入れたら、すんなり接続しました。

その後、説明書をちゃんと読んでみるとアプリの「RiCOH THETA S をダウンロードしてください」と書いてありりました。
横着して説明書を読まないと、逆に無駄な時間を取られてしまうものですね(笑)

ジュニーのTHETA SCの使い道

【日常の記録用】

・生活していて残しておきたい瞬間を撮影

【イベントの記録用】

・結婚式などのイベントの撮影

【人の記録用】

・人と一緒にいる空間を撮影

【家の記録用】

・部屋の中を撮影

【仕事用】

・物を作ることがあるため、その記録。

・他社が作ったものを撮影し、それを調べる。

・店舗の店内を撮影

・店舗の外観を撮影

購入した販売店

僕はAmazonで購入しました。
理由は物損の3年保証を2,280円(税込)でつけられたからです。

RiCOH THETA SC はレンズが出っ張っていますし、形状も落としやすいため、物損保証が入れる販売店を優先しました。

>>Amazon RICOH THETA SC

 
追記:2016年11月3日

Theta SCのデータをiPad Air 2に取り込んで、Apple TVでミラーリングしてみました。
静止画と動画共に正常に表示可能です。

動画をタブレットで見ると荒れて見えますが、ミラーリングしてテレビで見る場合はそれなりに綺麗に見ることができました。
おそらく、タブレットは近くで見るものなので、余計に荒れが目立つのでしょう。

動画の解像度はもう少し高めになって欲しいところですが、記録用としては実用的レベルだと思います。

RICOH THETA SCで上野や浅草を撮影してみた
RICOH THETA SCを使い、東京の上野や浅草周辺を撮影。 画質を確認しやすいように、昼や夜、室内や屋外など条件を変えました。 下記...

Acronis True Image Personal 2015を購入!

昔の会社の先輩から「Acronis2015が激安で買える」との情報がLINEで送られてきました。
どうも特価blog919!!で紹介されている情報を見たようで、

”今なら1,000円割引券が配布されていて、それを使うと1アカウント382円できる”

とのこと。

僕はAcronis2010ユーザーなのですが、ソフトがWindows10に対応していないため買い替えを検討していました。
まさに最高のタイミングでこのセール!
買わない理由がありませんっ!!
5分ほど検討して、勢いでポチって購入しました(笑)

Acronis True Image Personal 2015は廉価版にあたる商品ですが、個人で使う分には機能的には問題ありません。
パソコンが不安定になったり、OS起動がしなくなったときに、サクッと復元できればそれだけで十分です。
それにHDDやSSDを交換した時にも活躍しますからね。

ジュニーのバックアップの取り方は下記のような感じです。
Windows10を新規インストールした場合は、

●Windows10の新規インストール直後

●Windows10+周辺機器ドライバーインストール後

●Windows10+周辺機器ドライバー+必須ソフトウェアインストール後

●数ヶ月おきに定期バックアップ
 
このようにバックアップを取っておけば、何か不具合が起きた時にすぐに対応できます。

主にAcronisで使う機能としては

・完全バックアップ

・ブータブルディスク作成(AcronisをCDから起動)

・ファイル・フォルダのバックアップ

・新しいハードディスクへの復元

僕の使い方だと増分バックアップやスケジュールバックアップ、自動バックアップを必要としないので、廉価版でも必要十分。

1アカウント版と3アカウント版の2種類がありましたが、新規にパソコンを購入する予定もあるため、僕は3アカウント用を購入。
それでも税込1,700円弱と激安価格。
”セール価格2,480円(税抜)+1000円割引券”の効果は大きいですね!

このAcronis True Image Personal 2015をゲットしたことで、心置きなくWindows10を新規インストールするとしましょう。


スポンサーリンク