「 購入商品 」一覧

3DS版ドラゴンクエスト11購入

長い間眠りについていた僕の3DS LLが、ついに目を覚ます時がやっていきました!
3DS版ドラゴンクエスト11を購入しました!!!

ドット絵のドラクエが楽しめるということで、発売前からワクワクしていました。
でも、それなのにプレイ開始するのは発売日から1日遅れ・・・

購入直前までダウンロード版とパッケージ版のどちらにするのか迷ってしまい、ドラクエ11の入手が遅れてしまったんです。

悩んだ末、僕はパッケージ版を選択。

ダウンロード版と比較するとパッケージ版の価格は1,300円ほど安く、SDカードの容量節約にもなります。
それにロールプレイングは年単位で楽しむものではないので、ダウンロード版の必要はないと判断しました。

ダウンロード版は脳トレゲームのように終わりががなく、ソフトの寿命が長いものに適していると思います。

ドラゴンクエスト11はドット絵の2Dモードで進めています。
僕はこの為に買ったようなものですから、3Dモードは完全無視(笑)

昔ながらのドット絵は子供の頃に戻った感覚でゲームをプレイできます。
それに、ドット絵だとストーリーの情景を自分で想像しながら進められるので好きなんですよね。

3Dモードは表現が豊かでプレイ中は楽しいのですが、ストーリーがあまり記憶に残ってくれない気が・・・
これは僕の記憶力が衰えているのが一番の原因でしょうけど(笑)
そんな理由から、今回のドラクエ11は2Dモードにこだわってプレイしていきます。

初日に一気にLv.10まで進めてしまいましたが、これからはペースを落として毎日少しずつドラクエを楽しみたいと思います。

僕の世代的に、このおまけはヤバイですね。
昔の世界を少しプレイできるだけで、ドラクエ11を買ってよかったと心から思いました(笑)

久しぶりのドット絵ぱふぱふ・・・
僕はエンドレスぱふぱふのシステムを採用してほしいと思っています。

「どう?いいでしょ。ぱふぱふ…。 ぱふぱふ…。 満足した?」のように質問。

 ↓

「はい」「いいえ」を選択させる。
「いいえ」を選ぶと

 ↓

「必ず満足させてあげる。  ぱふぱふ…。 ぱふぱふ…。 満足した?」

 ↓

「いいえ」

 ↓

「必ず満足させてあげる。  ぱふぱふ…。 ぱふぱふ…。 満足した?」

「いいえ」

 ↓

「必ず満足させてあげる。  ぱふぱふ…。 ぱふぱふ…。 満足した?」

これがエンドレスで続くと面白いのに・・・(笑)


山善(YAMAZEN) 冷風扇FCR-D401を購入

スポットクーラーと比較されやすい冷風扇。
実際にどうなのか試してみたくて購入しました。

今回購入したのは

YAMAZEN冷風扇FCR-D401

という商品です。

僕がお店で冷風扇を見ていると、夫婦のお客さんも見に来て

「これってエアコンみたいに冷たい風が出てくるんだよね~」

と話しながら、購入するか検討していました。
近くにいた店員さんもそれを聞いて近寄ってきて

「エアコンとは別物です」

とキッパリ答えていました。
さらに加えて

「扇風機と比較すると体感的に少しだけ冷たい風がでてくる程度です。部屋の湿度は上がってしまいます。」

と伝えていました。
それをはっきり伝えないと、後々クレームになりますからね(笑)

では、仕組みを見ていきたいと思います。

機能はそれなり。

ベルトコンベアーの仕組みでメッシュの布を湿らせています。

このような感じにでセット。

ちゃんとメッシュの布が水に浸っています。布はゆっくりした速度で移動しています。

リモコンには本体と同じボタンがあります。冷風機の上部の隙間はリモコン置き場です。

使用した感想は後日のブログにでも。


SINGER 電動ミシンTradition II(SN-521)購入

ちょっとしたカバーを作りたくなり、電動ミシンを購入してしまいました。
どんなミシンでも良かったのですが、いざ買おうとなると色々調べて迷ってしまうものですね。

・電動ミシン
・電子ミシン
・コンピューターミシン
・ロックミシン
・職業ミシン
・工業ミシン
・刺繍ミシン

用途により様々。
一般家庭向けだと電動・電子・コンピューターが主。
服飾を仕事にしているような人は職業ミシンを選ぶようです。

僕が実売価格を調べた限り、
・電動ミシン:1万円強
・電子ミシン:~2万円
・コンピューターミシン:2万円~5万円

各ミシンの特徴としては
・電動:安い。低速が弱い
・電子:低速でもしっかり縫える
・コンピューター:複雑な縫い方ができる

調べていく程、どんどん高いミシンが欲しくなります。
僕も一時は

「今は何も作れないけど、将来的に複雑なものを作るかもしれない。奮発してコンピューターミシンで、尚且つハイパワーのミシンを買っておこうかな・・・」

そんな考えが湧いてきました。
でも、この気持をぐっと我慢して、自分に問いかけてみました。

「将来的に複雑なものを作るかも・・・“かも”って何時よ?」
「複雑な縫い方で、いったい何を作る予定?」
「直線縫いとジグザグ縫いだけで、ほとんど作れるのでは?」
「そもそも何も作れないお前が、何を求めてミシンを買うわけ?」

結論は・・・「電動ミシン」ということになりました(笑)
買ったのはこのミシン。

SINGER 電動ミシンTradition II(SN-521)です。
僕がこの電動ミシンを選んだ基準は

・重量が6kgあり、そこそこ重い
・消費電力が60Wなのでハイパワーのモーターを搭載している
・縫い目の長さを調整できる
・フットコントローラー
・Amazonの5年有料保証に加入できた

この点ですね。
電動は低速だと力が弱いと言われていますが、
「だったら高速で縫えばいいだけ」の話です。素人考えには(笑)

僕の用途では厚手縫うことなんてほとんどないので、気にしないことにしました。
ただ「ハイパワーのモーターなのかどうか」これだけは調べましたね。
もし厚手のものが縫いたくなっても、肝心のモーターが非力だとどうにもなりませんから。

実際にこのミシンを使ってみた感想は、縫うスピードも早いし、パワーもありガシガシと縫い進んでくれて快適です。
使っていて気持ちいいです。
あとは僕のミシンスキル向上のために、ひたすら縫うだけ。
この僕のスキルが一番問題なんですけどね(笑)

LEDライト搭載。ごく普通です。

上からの写真。

ミシンの手前のパーツは小物入れになっています。

返す縫いのレバーと、上糸調子の調整ダイヤル。

針目の長さで、縫いの長さを調整します。

模様を選べます。
基本は直線しか使わない気がします。

ジグザグ縫いは幅を細かく選べました。

ミシン裏のバーはプラスチック製です。

フットコントローラー。使い心地も悪くないです。

カバーは不織布。
基本的にミシンはセッティングしっぱなしなので、僕には不要ですが。

他に候補にあがった電動ミシン

●「トーヨー 電動ミシン(フットコントローラータイプ) レッド JY-1NR」

“メーカー10年保証”というのが購入する決めてになり、一度ヨドバシオンラインストアでポチりましたが、すぐにキャンセル(笑)

メーカーホームページに
「1年を経過した場合技術料無償、部品代、送料等は有償となります」
とありました・・・
低価格のミシンなので、送料とか部品代負担するよりも買ったほうが安上がりの可能性も考えられます。
その為キャンセルの流れになりました。

●JANOME 電動ミシン JN508DX

Amazonでレビュー数の多い商品でした。
レビューから扱いやすそうな印象を受けましたが、消費電力が45WでSN-521よりもパワーが劣るため候補から外しました。

●石田ミシン YSA-3500

ビックカメラでアウトレット商品として売られていました。
13,000円(税抜)程度で買えるコンピューターミシン。

本体が6kgで安定感もあり、65Wで消費電力も多くパワーもありそう。
ワイドテーブルとフットコントローラーも付属。
アウトレット商品とはいえメーカー1年保証も付いています。
かなりお買い得で狙い目!!

とても迷いましたが、僕は購入はしませんでした。
初めてのマイミシンということもあり、
「気軽にサクッと直線が縫えるシンプルミシン」
をコンセプトに選ぶことにしました。

コスパ的には最高だったんですけどね。
僕とのタイミングが合いませんでした。


一人用ミニコタツHEATEC MK-301購入

2016年も12月に入り、めっきり気温が下がってきましたね。
季節も冬本番といったところでしょうか。

この冬を乗り越えるために、
ひとり用コタツ
を購入してみました。

>>Amazon HEATEC ミニこたつ 【テーブル付き】 MK-302

縦・横・奥行が30cm程度しかないコンパクトなコタツです。
電力消費量も100wしか使わないので、電気代も1時間の使用で約2.5円と経済的!

インターネットの情報には、あまり暖かくないという情報もあり、実用レベルの暖かさなのか不安でした。
実際使ってみての感想は・・・

十分あたたかい

です。
一人用こたつを使うポイントとしては

 

・大きめの座布団の上にコタツを置く

・厚手の布団をかける

・空気が逃げないように、布団をかける

このポイントを抑えれば、あたたかくて快適。

最初は毛布をかけて使っていましたが、厚手の布団と比べると保温力が大きく劣りました。

僕のように“部屋が狭くて、物が多い”場合にはピッタリの商品です!

 

テーブルの作業性

テーブルの下に足が入らないため、体とテーブルに距離ができてしまいます。
ポジション的に長時間作業するのは無理でしょう。
僕の場合は15分作業するのが限度。
それ以降になると疲れて横になってしまいます(笑)


ほぼ日手帳オリジナル(A6)のカバーはクマー!

ほぼ日手帳オリジナル(A6)を購入しました。
カバーの柄は「望月計男さん作の“シロクマ”」!!

僕が熊のイラストが入った手帳を使うと、

男が使うには・・・
年齢的には・・・
仕事で使うには・・・

そんな事を言われそうですが、そんなの気にしません。

「僕が気に入ったから」

使う理由はこれだけで十分なのです(笑)

若干ベージュ掛かっています。
ナイロンの光沢もあり、見る角度によっては薄いシルバーにも見えます。

お気に入りの熊のイラストなので、手帳に愛着がわきそうです。


スポンサーリンク