100円ショップCan Doの人気スタイラスペンをゲット

「100円ショップCan Do(キャンドゥ)で売っている、ディスクタイプのスタイラスペンを探してほしい」と相談を受けました。
東京では売り切れ続出で入手困難との話です。

地方の店を覗いてみたら・・・あっさり発見!
しかも大量に売っていました(笑)
都会と田舎では人気商品も違ってくるのでしょうね。
都会ではデジタル機器を駆使するビジネスマンをよく喫茶店で見かけますが、田舎ではまず見かけませんから。

iPhone5CとiPad Air2で使ってみました。

保護フィルターの上から書いても反応は問題なし。
ディスクタイプなので狙ったところに線が引ける。

100円なのに快適に使えてしまうので、人気がでるのは納得です。

ディスクタイプは少しだけ慣れが必要ですね。
ペンのように斜めの角度で書くというよりも、垂直持ちのほうが書きやすいです。

細い線が書きやすいため、タブレットやスマートフォンの手書きメモに最適。
僕はこのスタイラスペンを多めに購入して、デスク周りや車の中に置いておくことにしました。
5本購入しましたが500円・・・安すぎます(笑)

スタイラスペンの反対側にはボールペンがついています。
スタイラスペン側には「T」マークがあります。

僕にとってボールペンは不要ですね。間違ってボールペンでタブレットに書き込んでしまったことがあったので・・・。
使えないようにボールペン側のキャップをテープで止めてしまいました(笑)

K-4050という型番のCan Do専用商品のようです。
興味がある方はお近くの店舗に問い合わせてみてくださいね。


iOSのGoogle Keepが手書きをサポート

僕はメモアプリを浮気しまくり。

iOSメモ → Onenote → Evernote → iOSメモ → Textforce

そして新年度からはGoogle Keepに乗り換えました。
ひたすら乗り換えています(笑)

使い始めたGoogle KeepのiOS版は手書きサポートが非対応だったので、不便さを感じていたところ。
仕事柄、思いついたことを簡単なビジュアルとして残す必要があるので、手書きのサポートを熱望していたら今回の朗報が!
iOS版でも手書きをサポートしてくれました!!

これで僕の環境のGoogle Keepは
Windowsパソコン
iPhone
iPad
全ての環境で手書きが使えるようになりました。

思いついたアイデアが失われる可能性も減るし、作業効率も向上。
現時点では自分の用途では完璧なメモアプリです。
あとはGoogle Keepを浮気せずに、長い間使い続ける事ができるかどうかですね(笑)


WiMAX2+のエリア測定が「△」なのに契約して失敗した

WiMAX2+を5か月ほど使ってみました。

僕のところは、WiMAX2のピンポイントエリア測定が「△」マークの環境です。
下りは問題ないけど、上りがキツイ。
電波が不安定な事も多いため、10MBをアップロードしようとすると、何分・・・いや、何十分かかるんだ?!
とイライラすることが度々がありました。

契約時は「頻繁にアップロードしないから問題ナシ」と判断したんですが、時々イライラさせられるのが煩わしい。
しかもアップロード中はホームページの閲覧さえできない状態になることも(笑)

僕のようにピンポイントエリア測定が「△」マークなのに自宅回線のように使おうと考えている人、無理して使わないほうが安全です!!

また光回線ひこうかな・・・(笑)



シムフリーのiPhone5S水没!今度はdocomoの中古iPhone5C購入

シムフリーのiPhone5Sを水没してしまいました。
購入から2年以上経過していたため、アップルケアプラスの保証も対象外。

出費は痛いので復活を試みて乾燥させてみました。

・まずはSIMを抜いて乾かす

・乾燥機で乾かす

・ジップロックにiPhone本体と乾燥剤を入れて放置

電源は入りましたが、画面は何も移りません。
なぜか音量のマイナスを押すとバイブが振動(笑)

3日ほど様子をみましたが、「やはり水没したら使えない」という結論に達しました。

そこで、iPhoneの中古を探すことにしました。

僕が選んだ条件は

・軽い作業のみなのでiPhone5Cを選択。今だと15,000円弱で買えます。

・MVNOはIIJmioを使っているためdocomo端末

・バッテリーの劣化が心配なので、使用頻度の低い商品を狙います。

落札前にチェックすることは

たいてい調べるのに必要な端末の番号が公開されています。

・ネットワーク利用制限の状態を確認

http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php

・iPhoneのアクティベーションロックの状態を確認

僕はこのホームページを参考にしました。

http://usedoor.jp/howto/digital/iphone-ipad/heisago-ok-activationlock-check-in-supportpage/

僕が購入を検討したサイトは

・メルカリ
・ヤフオク
・ソフマップ
・じゃんぱら

です。
メルカリとヤフオクは個人売買が主なので、低価格で有料端末をゲットできる可能性が高いですね。
ただ、保証はないので失敗するリスクもありますね。
ソフマップやじゃんぱらは多少割高にありますが、1か月の保証があるので使えなといったトラブルは避けられます。

ちなみに僕は個人売買を選びました。

バッテリーも問題ナシです。このアプリの診断結果を信じましょう(笑)
MVNOを使っているので、無事に使えてホッとしました。


スポンサーリンク